« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

現実


3位との勝ち点差17
コンサ残り試合15試合
コンサが全勝しても3位チームが6勝すると追いつけない

監督の公約達成はほぼ絶望
順 勝点 得 失 差
1柏 65 55 39 +16
2神 63 51 31 +20
3横 63 38 18 +20
4仙 54 53 28 +25
5東 49 46 51 -5
6鳥 47 43 39 +4
7山 47 46 43 +3
8札 46 50 51 -1
9湘 42 47 51 -4
10水 40 33 44 -11
11愛 30 30 46 -16
12草 30 40 60 -20
13徳 24 27 58 -31


次の監督を捜すべき
公約はたせず試合後のコメントはいつも同じ
課題を克服できないのを選手だけになすりつけるような内容で残している
確かに選手に能力も足りないかもしれない それならそれなりのサッカーをするべきでいつまでたっても克服出来ない課題を選手に与えても仕方ない
少しは勝つサッカーをしなければ勝つ事でしから得られない自信はいつまでたっても育たない

同時に札幌ドームで日ハム戦があったのに12000人も集まってくれた観客を減らさないためにもホームゲームはもっと勝ちにこだわらないとコンサドーレを見に行きたいと思う人間の数が減少し続けるぞ

まずは勝つ事である
勝たなければ観客は増えない

勝てない監督は更迭
育てる能力があるならユースの監督になって貰うのも良いかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終戦

だめだ 毎度同じコメントの監督 同じコメントを出すということは課題がクリア出来ていないって事 それは指導の側にも問題があるって事
それがわかった上なのかわかっていないのか

暑い中、横浜も札幌も頑張った。札幌は勝ちたくないという気持ちがあったんじゃないかな。あと15試合あるのでしっかりやっていきたい。イージーミスさえしなければボールは繋がった。一人一人ボールを持つ時間が少なかったのでテンポは良かった。イージーミスはトレーニングでも出ているので、ゲームにも出ているのは仕方ない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また正念場で

映像をみていない事を先に断る

友人によると今日も内容は悪くなかったらしい
内容悪くなく勝てないのはある意味絶望じゃないかな去年からずっと同じ事を言い続けている
一年経っても同じ事を続けているのではないかとも言える
現実的にもう上積みが期待できないとも取れる

今日は結果次第で8位迄落ちる
いい加減内容良くて勝つのは当たり前にならないと

内容が悪くても最低限の勝点を奪えなければ上では勝てない


本日の敗戦は終戦記念日て言えるだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日は

本日は

職場の課長の歓送迎会があり宴会後ボウリングをしました
凄いスコアが出ました

ゲーム中照明が暗くなりムーンライトストライクゲームと言うタイムがありLaneがよく見えない中で各Lane次の投球者が1投しストライクをとるとレイをかけてくれて仲間皆と記念撮影してくれ記念日をくれました

が記念撮影は下手くそでブレてました がっかり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気楽ニッポン

NHKですら そうなのかです
自民党総裁選挙より早稲田実業凱旋の方が先の扱い 時間も高校野球の方が扱いが先なんてなんてことだろう NHK夜7時のNewsでの事でした

だからと言って総裁の話題も候補者も白々しい事を言っているわけですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校野球

高校野球

本日の夏の高校野球の決勝は引き分け再試合

決勝の引き分けは三沢と松山以来のおよそ40年振り

ここまで連戦続きで疲れ果てているはずの生徒達が15回を戦い譲らなかった。そんな試合をした選手達に白黒はっきりつけるまでやらせる必要があるのだろうか
滅多にある事でもないし、いずれかを敗者にする必要も感じない
両校優勝という選択肢もあってよいのではないか?


せめて明日の試合が一方的にならない事を願うばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆休み

お盆休みは12日午後から16日まででした。
12日の新幹線で実家に戻り14.15は車で出かけました。
首都高が予想以上に込んでいたりのはガッカリでしたが。
14日は常陸大子の花火大会に行ったのですが開始60分前ではまずかったのか?
大子町のHPには無料駐車場2000台 と書いてあり余裕をかましていたのですが
いざ現地に行くと駐車場の誘導は一切無い。役所などの駐車場は勿論すでに満車で「満車です」のサインだけ。
別の駐車場を案内するわけでもなく誘導があるわけでもなく。
中心部から少しはずれた道の路肩に勝手に車を止めている者多数。
結局歩いて行けそうな距離に適当な駐車場を発見できなかったので大子の花火は諦め宿に行きました。

翌日は日立市の科学館や東海村の科学館 那珂湊の魚市場などをまわり一般道を中心に走り帰宅。
高騰を続けるガソリンですが 日立市や土浦市など一部では132円の所もありました

土浦の近くで132円を見つけたときは速攻で満タンにしましたよ。

本日写真はありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサ速報

柳下監督では結果を残せない

今年はJ1に上がる為に3位以上を公約したにも関わらず下位チームに対するこの結果は監督の責任だ
今年昇格争いをするべく補強を行ったのにこのていたらく

監督は指揮をとり3年目
今年は結果と内容を求められたはずなのにどちらも達成できそうにもない
結果も求められる3年目に負けや引き分けなのに内容は悪くない云々のコメントは有り得るはずがない

来年監督を代えるつもりなら早く更迭
来期もヤンツ-で選手を大幅に代えるなら残りたった17試合は来期も契約する選手の選定を進めよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くそ名古屋人

席を譲って友達と隣り合えるようにして貰って 礼の一言も言えないのか 死ね 阿呆名古屋人馬鹿女

席譲って座らせるんじゃなかった

親切してやってなんで俺がいらつかなければならないんだ 馬鹿女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニフティ

イーアクセスの誤案内とニフティの偉そうなサポート電話に対する具体的な謝罪は得られないがニフティが過ちを認めキャンセル代無く今回のADSL騒動は終結したが何度もあったイーアクセスの出鱈目な対応とニフティの偉そうなサポートセンターの対応について謝罪がなかったのは不満


今回はイーアクセスが立会が必要な在宅工事を不用と言ったり西日本エリアではできもしない土日工事を選択肢として当方に提案してきた事に加え 誤案内が原因のトラブルなのに申込取消に際しキャンセル代を請求してきたニフティの対応が火をつけた

結果としてこちらの求める結果になったがニフティとイーアクセスの連絡の悪さが目立つ結果になった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ADSL

今会社の寮に一人暮らし

ニフティふざけてる
平日在宅しないとADSL引けない
おまけに土日は工事はしない

キャンセルするなら3000円払えだと

申し込む時に部屋はモジュラーになってる旨説明したら工事いらないといったから申し込んだのに
ニフティもイーアクセス横の繋がり悪いし中途半端な解答しやがって

仕事中にケータイに電話はしつこくかけてくる
工事できずADSL使えないのに出張サポートをするとか
頼んでもいないのに勝手に無料サポートを付けて『サポート必要ですか』と電話してくる
ADSLを自分で設定出来ないほどの素人じゃない

3000円なんか誰が払うもんか いったい何年ニフティの会員でいたと思ってるんだ

土曜日位対応しろNTT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無責任

無責任

ふじみ野市でのプールの事故
委託先のずさんな管理が批判されているが事故が起きたのはあくまで市営プール

ふじみ野市の管理責任を問う動きがめだたないのはおかしい

ふじみ野市の次長がテレビカメラを向けられ 怒っているのはおかしい 市の施設で起きた事故なんだからふじみ野市にも大きな管理責任がある
被害者面するふじみ野市の次長は間違っている

管理会社に丸投げして責任までも丸投げにするなんて無責任すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカよ

イラクを空爆するならイスラエルも空爆しろ


ユダヤ人が国の中枢自国のトップを占めているからできないなんて言うのが真の理由なら余り他国に偉そうな事は言わない事だな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋

名古屋

名古屋にはローカルルールがある ぶつかっても謝らない 電車は扉付近に固まる 座席は詰めてすわらない 座ってる奴は平気で足を伸ばす

関東にもこんな奴らはいくらでもいるが圧倒的に数が多い
不愉快極まりない。 日本一の大田舎とやゆされたりするが田舎に失礼だ

中にはちゃんとしたひともいるが圧倒的に変な奴が多い

車を運転してもマナーの悪さは感じる ウインカー無しでいきなりの車線変更 割り込み

自転車の無灯が多い 圧倒的に多い いきなり暗闇から自転車が現れヒヤリとする

名古屋人はケチというが公共の物は全く無頓着に使う

最悪だ 名古屋 愛知

写真は愛地球博跡地

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »