« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

フッキを手放すな

フッキを手放すな

監督と強化部長の「更迭」が公になった。
この話はもう覆らないだろうが選手の今後が心配だ。
3年目のレンタルはもうないといううわさの加賀。
ベルディに移籍するといううわさのフッキ。
いずれも今のコンサにはなくてはならない存在になっている。
加賀は金額より磐田の意図次第みたいだが。
フッキはなんとしてでも残せないだろうか。コンサにお金がないのはわかっている しかし諦めてまた新たな計算のできない外国人を補強するのはあまりにリスキーだ。フッキの獲得にはコンサにとって大金が必要なのはわかるが折角「更正」しほかの選手との連携も固まってきたのにあまりに惜しい。エメルソンを手放したときとフッキではあまりに状況が違うと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこへ向かうのかコンサ

どこへ向かうのかコンサ

監督の交代と強化部長の契約延長なしが決まった。

今の社長はコンサをどんな方向に向けようとしているのだろうか。
大きなスポンサーがチームを離れるという話も出ている。

いくらわが町のコンサであっても日ハムと比較されてしまったらきついかもしれない。
磐田や川崎とのつてが切れ加賀やフッキもチームを離れるかもしれないという。
フッキは仕方ないとしてあきらめるとしても(諦めたくないが) 加賀はなんとしてでも残すべきだ。

今の社長は食育などにも力を入れたいという。よいことだと思う。
しかしコンサが強くなければ支援も得にくくなる。郷土の誇りになるには
やはりある程度の強さが必要だ。 コンサがどんな方向に向かおうとしているのだろうか。


心配である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生で試合を見たい

Img_0187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車購入

新車購入

納車は11月末です
希望ナンバーは5310

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜巻

これまであまりないほどの竜巻で甚大な被害を受けたの一方では園遊会
何か配慮があってもよいのではなかったか
百棟が倒れて9人も亡くなっているのに

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ニッカンスポーツ

ニッカンスポーツ

関東版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合終了2

試合終了2

試合終了2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合終了

試合終了

試合終了1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抱き合う

抱き合う

フッキと相川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサ速報

コンサ速報

相川3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相川2

相川2

こまおくりで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相川ヘッド

相川ヘッド

千葉に勝ってしまった
次は新潟 撃破だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CARP黒田

CARP黒田

残留が決まった 一安心だがメジャー移籍は黒田の自由に選択できるらしい 再来年はメジャーかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球の話し

野球の話し

逆指名選手にはFAをあたえるな

選手に与える権利はFAか逆指名かどちらかにしろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人的には

個人的には

アウェーやキーパーのユニも作って欲しかった
その位のこだわりも欲しかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニフォームピンズセット

ユニフォームピンズセット

10月21・22日に試合会場及び宮の沢コレクションハウスにおきまして販売いたしました「10周年記念 歴代ユニフォームピンズセット」ですが、完売後も多くのお問合せをいただいており、再度販売することといたしました。

尚、今回はファンクラブ会員限定の受注販売とさせていただき、ご注文いただきましたお客様はもれなくご購入いただけます。また、前回販売いたしました商品とはフレームの仕様が変わりますので予めご承知おき下さい。
お申込方法など詳細につきましては、11月下旬にファンクラブ会員の皆様のお手元にとどきます、ファンクラブ会報誌に同封させていただきますので、そちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局

得したのはわずか10%の必修科目をうけず必修科目をたっぷり勉強できた生徒

ルール無視した学校責任者や文科省の担当者の責任を問え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ

いじめ

いじめは犯罪だから許せない。
しかし死ぬと言う選択しか出来ない程簡単に死を判断させる世の中の様々な問題がある
命が軽く扱われ過ぎている
簡単に死んだり殺したりしすぎだ
瑞浪程度のいじめは日本中いくらでもあると思う

自分の意志では生まれる事は出来ないんだから自殺する権利はない
人間は生きているのではなく生かされている
自殺する子供は視野が狭くなってる
子供は親に心配をかけるものなんだからせめて親には本当の事を言える家庭じゃないと子供の逃げ場が無くなると思います

どんなに演技の上手い子供でもいじめられ助けを求めながら隠していても何かしらサインを出しているはず
それに気付かない親は子供に真剣に対峙していないのではないか?
自分の子供は自分で守るしかない
学校に解決を委ねても解決しない
いじめられた経験のない教員にいじめに気付く事を求めても無理だ 自分にその経験がないんだから

子供は親に迷惑や心配かけて育つもの
大人になっても変わらない
親はもっと子供の方をしっかりみてサインを見逃さないように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »