« ブーイングなし | トップページ | 凄いと分かっていても »

あわれ

勝てば官軍負ければ賊軍。とはよく言ったもの。
野球五輪チーム。負けたとたん、総バッシングを見ていると、日本人の野球に対する
考え方の甘さというか、ここまで素人が多かったのかと思う。

泊まっているホテルが5つ星だからダメだとかハングリーさがないとか。
叩いているあなたアホですか?って批判が多すぎる。

偉そうに批判する人たちは、試合が始まる前からこうなることが分かっていて、
予め五輪野球チームに、警告していたのだろうか?

きっとそんな事をするはずが無い。
ただ五輪前に星野監督が大風呂敷を広げていたのを、真に受けて盛り上がっていた人たちが、「なんだ!たいしたこと無いじゃないか」って叩いているというのが大多数だろう。

日本プロ野球はメジャーなりきれない3Aからやってきた選手が、それなりの結果を出すレベル。
日本からメジャーに渡ってちゃんと通用しているのはほんの数人。そんな国内リーグなんです。

中国に渡る前のセパそれぞれの選抜チームとの対戦でも、圧倒的な強さを見せることが

できなかった時点で、五輪での苦戦は予想できたはず。
だからといって金しかないと大風呂敷を広げた星野監督を叩く気にはなれない。

それは日本プロ野球界が五輪で勝つことに対して非協力的だったこと。
Jリーグと違い、国内リーグ優先のため、日程は中断せずそのまま続く。
同一チームから選抜できる人数に制限がある。ボールやストライクゾーンの対応もしない。
他にもいろいろある。
いろいろな縛りの中でやむなく編成したのが今回のチームだと思う。
そのチームが出来上がる過程で星野ジャパンを叩くのならまだ分かるが、
結果が出てから総バッシングは後出しじゃんけん以外の何者でもない。

星野監督が審判云々 試合開始時間云々を言っているのは本心ではないと思う。
どの国も同じ条件でやっていることは監督自身が分かっているはず。
それでもあの星野監督があれだけ「言い訳」を並べるのだから、本音を探る努力をするべきだ。
本心を汲み取ることができないと「叩く」というレベルの低い言動しかできないのだと思う。

あの星野監督が言い訳をするということは、負けた原因が選手には無いことを伝えたいのだと思う。(プロ野球監督時代にあれほど言い訳をするのを見た記憶が無い。)
別の人たちが監督やコーチをしても、残せた成績は似たようなものでしか無かっただろう。

次回五輪に野球が戻ってきた時、メダル獲得を本気で望むのなら、今回の失敗を勉強材料にして、その時の五輪チームを野球界全体でサポートする体制にしてほしい。
叩くのは万全のサポート体制を敷いても勝てなかった時にするべきだ。
(国内リーグを止める 1球団からの選抜数を制限しない、国際球を使う等々やった上で)

叩くべきは星野ジャパンではなく、協力的でなかった日本野球界。

レベルの低いマスコミのバッシングに乗っかって星野監督叩きをしている人は
低レベルマスコミの尻馬に乗っているもっと低レベルな人間でしかない。
自重するべきです。でもまあ日本人は叩くのが好きだから無理でしょうね。
といっても 「お前だった叩いている人を叩いているだけじゃないか」と
「叩かれる」かも知れませんね。

|

« ブーイングなし | トップページ | 凄いと分かっていても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あわれ:

« ブーイングなし | トップページ | 凄いと分かっていても »