« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

なぜいつも

なぜ後半のような試合がはじめからできないのか
ベストメンバーじゃないのか?

前半は酷すぎた
身体を張る選手が少なかった

おまえらプロだろ
誰から給料もらってるんだ

試合終了後、談笑している札幌サポを映した画像を見ながら
スカパー実況アナウンサーには
「そんなにがっかりしているようにはみえない 穏やかに 今日俺達結果出せなかったけどがんばったよね ダヴィよかったよね みたいな話をしているようにみえるところは僕は好感を持ってみている。」

と言われていた


浦和戦はアウェー側ゴール裏は全席浦和用なんですね
ホームジャックされるかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごはんリレー

北海道に上陸してます 今回は道北中心
旭山動物園にもいきカムイやはまなすに乗ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また0から?

また0から五段階計画をやり直すのでしょうか

いつまでもあると思うなサポーターとスポンサー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あほ

19時台 名古屋から多治見に向かう中央線
ロングシート
それなりに混み合う車内で扉付近に立ち氷結呑む背広姿のサラリーマン

家まで我慢できないのか
みっともない こんな奴が育てた子供がパンをのどに詰まらせて死んだりするんだろ
揚句の果て 大食いを止めていた担任を含む学校側を責めて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて

蒟蒻ゼリーも発売中止になるし 次は学校給食のパンですか

もうご飯にするかパン粉にするか

いや今給食廃止か


野田さん 蒟蒻畑を市場から追放できたんだから『危険な』学校給食もなんとかしてくださいな


親はマスコミに煽られたかな
あんな親に育てられて死んだ子供もあわれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当然の結果

あんなに苦労して昇格したのに、5試合も残して早々独走で降格が決まった。
シーズン前から補強費用などがJ1最低のため、降格候補1番手だったことを考えると
この結果は当然といえるのかもしれない。
しかしサッカーは番狂わせが多いスポーツ。
天皇杯では大学生などのアマチュアチームがJチームを苦しめたり、勝つことも毎年のようにあり
特に珍しいことではない。
補強費用の額がそのまま結果に反映するとは限らない。

今年のコンサドーレは開幕で鹿島に大敗したが続くホームでの開幕戦は残り5分近くまでマリノスをリードしていた。
勝ちも見え始めた時間帯で同点に追いつかれすぐに逆転を許した。
この試合が今年のコンサを暗示していた。

ホームでのコンサドーレとの直接対決に0-3で敗れた市原は、危機感を持ち見事に立て直した。

札幌はその後も完敗でも惜敗でもないが 「うまくやれば勝てたかもしれない」試合もありながら
なかなか勝ち点を拾えず結局昨年の横浜FCと同じく 残り試合5つも残して降格が決まった。

敗戦が続く中選手や監督などは「やり方は間違っていない」を言い続け、戦い方も大きくは変えなかった。
しかし同じような展開で負けを続け勝ち、点を積み重ねることが出来なかった。

「やり方は間違っていた」 のは明らかだ。

もうひとつ 降格がちらつき始めた時期、清水戦に向かうバスの中でふざけた写真を撮り、
それを自身のブログにアップしていた選手がいた。
「お前ら もう残留を諦めただろ」という気がした。移動のバスの中まで緊張していろとは言わない。
でもあんなふざけた写真を試合前にアップする。 それも残留が厳しくなっている時期に危機感をもっているはずの
選手たちがやることだろうか?
あの写真を日本平に行く前に見ていたら、私は現地観戦を取りやめていたと思う。
あのブログを見て「もう今年の選手たちを生で応援する気は起きない」と思った。
サポーターたちは残留を願って、日本平に向かっているのに当の選手の中には
ふざけた写真をブログにアップしている。こんな状況じゃもう残留は無理だと思った。

一部報道に 来期の総監督にオシムの名前が挙がっている。
本当かどうか知らないが、今度の監督にはプロというものを0から叩き込んでくれる人を願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知多半島2

呼帆荘のお風呂は中々良かった。
宿をでて師崎港やお魚ひろばで新鮮な海物をゲット。
次は常滑へ。常滑では常滑市陶磁器会館に行きましたが、ここが良くなかった。
現地に着いてみると、駐車場は満車。
駐車場の係員が「今ここいっぱいなんです。良かったら空いているかどうか分からないんですが
この先をおりたところの右側に青い旗の目印のある第2駐車場があるのでそちらに止めてください」

という案内を受けその400メートルくらい坂を下り駐車場に移動し駐車。
陶磁器会館の駐車場は休日用は500円を取る。その第2駐車場もそうだった。
陶磁器会館に行き色々見ていると、有料だが2000円買うと駐車料金は払い戻すとのこと。


しかし実際に買い物をすると無料になるのは陶磁器会館の目の前の駐車場だけ。
2-300メートルも離れた「第2駐車場」は経営者が違うから無料にはできないとのこと。

そんなことは陶磁器会館のどこにも書いていないし、当初止めようとした陶磁器会館の駐車場の
係員は一言もそんなことを言わなかった。

一般的な考えなら「第2駐車場」と名乗れば、「第1」と同様の扱いをする と考えるのが至極当然。
なのに 常滑市陶磁器会館はそうではなかった。

陶磁器会館から歩かされた上に駐車場料金の戻しもない。案内不足な対応は納得ができなかった。

陶磁器会館に向かう途中で無理な割り込みをされるし、なんだか常滑市の印象は悪かった。
国際空港の玄関口なのに。


一応常滑市にも苦情は出しておきました。案内をしっかりしてくださいと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南知多

実家から両親がきており今朝から徳川園やえびせんの里をまわり
昼はふくすけという河和の食事処へ
ここの犬が人になれており お手 おかわり 待てを忠実に守る犬でなんだか癒されました。宿は呼帆荘 職場関係で安くなり1万円

明日は朝一にいきたいと思ってます

えびせんの里は浅ましい人が多数
試食のえびせんをひっかきまわすやつ 両手ですくう奴 恥ずかしいですな よい歳した人が

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謝罪するどころか開き直り

もちろんジョセリーノ
9月13日に岡崎で巨大地震が起こると予言して大はずれ。
岡崎市役所などは問い合わせが殺到しかなり振り回された模様。
今日のテレビで本人出演と言うことで 一言くらい謝るかと思えば
「絶対起こるとはいっていない おきなくて良かった 警告だった」というおきまりの良いわけ。
こんな事を放置して良いのだろうか。株の世界だったら風説の流布という犯罪にもなりかねない。

貴重な電波を使ってこんな煽り番組を性懲りもなくつづけるテレビ東京系列。

当たろうが当たるまいがどうでもよい。少なくとも世の中を騒がし、それで金儲けをしているのだから
外れたときは真摯反省して謝るべき。こんな言いたい放題で金儲けできるなんて。うらやましい商売だ。


早く風のガーデンみたいぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサダウ゛ィの件

ダウ゛ィの件は社長はやはりおかしい。ダンパリング始まっているのに「うちは今の3-5倍しか出せない」って公言する必要があるのかか?もう絶対に足元を見られるじゃないか。ダウ゛ィを最初から残す気持ちは無いと思う

実はダウ゛ィの年俸は5千万だった なんて落ちがあるのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二列にならべ

なぜ尾張人は電車を待つ時 一列に並ぼうとするのか
尾張人特有の自己中精神がかいま見る事ができる

一列に並んだらどうなるか2秒も考えればわかる
中央線の場合だと乗車目標が不完全なのもある
〇で囲んだ数字が足元に書いてあるだけ
これでは二列に並びつらい
でも千種のような大きな駅で一列に並んだら行列の先がどうなるか分かるだろ
今日も千種でおばはんが数字の真ん前に並んでいた
これでは一列に並ぶしかなくなってしまうので私はおばはんの右にならんだ

さてこのばはあ 〓が入ってくると両開きの扉の右側に流れてきやがった

なら乗車目標の右側にならべや
真ん中に並んだら 後からきたひとが困るだろ

この現象は乗車目標が数字だけ1つしかない駅では日常茶飯事

地元駅が改修された時も 乗車目標の改善はされなかったのでJRにその気はないと思われる


いまだに禁煙タイムはないし
東海はこの辺だめだな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厳しい

可能性が残っていると言ってももう駄目
来年残す気持ちのない選手と、残るつもりのない選手は使わないでほしい。
貴重なJ1での試合は来年、J2コンサで頑張るつもりのある選手だけでやってほしい。
貴重なJ1での時間を、もうサッポロでやる気のない、やらせるつもりのない人たちで闘うのは
もったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでたい

降格はまだ決まっていない。厳しいのは事実だが。
磐田には絶対に勝たなくてはいけない試合に0-5で敗れた。
同じ選手に同じ形で2点取られた。
0-5の完敗にも関わらず試合後は「サッポロ」コール
こんなバカな応援をするから、選手は甘えるし何が何でも勝つ試合をたやすく落とすんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »