« 開封 | トップページ | 派遣切りに思うこと »

お客様は神様?

この言葉を勘違いしている人が多いと思う。
以前から「神様」を勘違いした「客」が多いことに違和感を感じていた。

この言葉を世間に広めた 三波春夫氏が本来言いたかった意味からは
大きくかけ離れた「勘違い」した使い方をしている人間が多い。

http://www.minamiharuo.jp/profile/index2.html


本来お客とは、サービス等を受ける対価として、金銭等を支払っているに過ぎない立場のはずで、
お金を払う側とサービス等を提供する側の立場は対等のはず。
それなのに勘違いしている人たちは
「金を払っているんだから」という言葉をタテに、大いに恥ずべき行動を取っていると思う。

お金を受け取る人も誰かの客であるはずだし、金を払った人間も客を持っているはず。

それなのに金を払うときに「勘違い」な行動するのはなぜだろうか。

オレは客だぞ!金はらっているんだから なんて恥ずかしい行動だけはしないように肝に銘じ、
そういう人を見かけたら軽蔑しようと思う。

|

« 開封 | トップページ | 派遣切りに思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お客様は神様?:

« 開封 | トップページ | 派遣切りに思うこと »