« 散財その2 | トップページ | たまには »

ブラウン監督

中国新聞のコラムもぶれて来た。
土曜日の大竹交代のシーンは「情よりもチームの勝敗を優先したブラウン采配」を擁護しておきながら
昨日の今井の交代は批判してる。
ベンチでどんな会話があったか知らないけれど、昨日の今井交代は選択肢の一つとして正解だと思う。
実績が無い投手だし、いつ崩れるかわからない。ファームでも勝っているわけじゃない。点差はわずか1。一応まだクライマックスを目指している。二日連続で横山が崩れるとも思えない。諸々。
だから7回表は今井に代打を出して差を広げに行った。ブラウンは7回表に勝負を掛けたんだと思う。結果として追加点は取れなかったけれど。
そう考えると横山-シュルツ-永川も選択肢として誤ってはいなかった。ただ横山やシュルツが期待に応えられなかったって事。
もし昨日の継投が成功していても中国新聞はブラウン批判をしたんだろうか?最近の横山は確かに不安定だけれど、二日連続でやられることはそんなに無い。
昨日と一昨日に関しては、継投云々より打てない打線のコーチや選手を非難すべき。 あと2-3点取れていれば大竹も今井も完投で来たかもしれないんだから。確かにブラウンの采配はおかしいところが沢山だけれど、結果論で叩いている野球素人が多い気がする。
昨日は結果としてゲームを落としたけれど、投手スイッチの選択は誤りではないと思う。バントもろくにできない打者にバントを命じたりする采配とは違う。
私は1年目からブラウン采配には疑問を持ち続けていて、ずっと批判視線で見ています。それでも昨日の今井交代は結果としてチームは勝てなかったけれど、選択肢としては決して誤りじゃない。投手交代を議論する必要があるとも思えない。結果論で語るなら誤りな采配だけど、昨日の采配は「ベストな選択」として見たとしても必ずしも誤りとは言い切れないと思う。まあチームに目標がなくなっていたら、今井の続投しかなかったと思うけれどね。
コラムを書いている小西さんしっかりしてよ。

|

« 散財その2 | トップページ | たまには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラウン監督:

« 散財その2 | トップページ | たまには »