« ダルビッシュに勝つ | トップページ | 馬鹿ふろんと »

野村采配

裏事情を明かす必要はないけれど、日曜日の投手起用には謎が残る。
先発の今井はわずか2イニングで交代。立ち上がりは三者凡退だった。
2回に失点したといっても2回で降板させるほど悪くは見えなかった。その証拠に投手コーチが交代を進言する前に監督が投手交代を決めてしまった。
さらに謎なのは2回裏の攻撃。1点ビハインドで先頭の7番打者が出塁。8番に強硬。そして併殺。
走者なしになって今井に代打。
今井を2回で代えるつもりであれば 先頭打者が出塁したなら8番には犠打の場面ではないだろうか?

3回から出てきた篠田は明らかに準備不足。これまで一昨年 昨年の平均では3イニングで1個の四球しか出さない投手が3回に3分の2イニングだけで3四球。ブルペンで十分な準備ができていたとは思えない。

思いつき?で今井を代え、準備不足?の篠田をマウンドに上げ結果的に試合を壊してしまった。

今井は腕が振れていなくて「だめだ」と判断され交代。そしてファーム行きらしい。
今井は前回今季初登板。今年2回目の先発で早くも「失格」の烙印。いかにも早すぎる。
そんなことをしたら、現状のカープではマエケン以外先発できる投手はいなくなる。


今井は今日抹消

|

« ダルビッシュに勝つ | トップページ | 馬鹿ふろんと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野村采配:

« ダルビッシュに勝つ | トップページ | 馬鹿ふろんと »