« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

万馬券4番

万馬券4番
万馬券4番
ヒューバーがまさかの3打点。
左投手相手でクロス気味に投げてくれる投手ならたまには打てそう。
8回表のギャンブル采配が当たり何とか連敗を5でストップ。
篠田が昨年くらいの投球をしてくれたらなぁ。折角昨年レプリカユニを買っているんだから、
次の試合も頑張っておくれよ。


梵 疲れが来てるかな 守備が不安定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさにKY

まさにKY
なぜこんな事を言えるのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万馬券

万馬券
万馬券
カープファンが 万馬券来い というフラッグを持って応援していた

ジオ ヒューバー フィオの活躍で西武の岸に勝利するなんて

まさに万馬券的中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連勝

連勝
連勝
連勝
大竹
6イニングを投げて、四死球7 被安打5。
平均すると1イニング2人のランナーを出した。
しかも5回裏はランナーを出していないので、実質は5イニングを投げて12人も出塁をされている。

でも失点は初回の2点だけ。
大竹の投球スタイルが変わったのか、粘り強くなったのか、立ち上がりが悪いのか。よく分からないけれど粘って何とか5-6回は投げられるように精神的に成長したんだと思う。
いつもこんな試合では堪らないからたまには昨年の絶好調時の投球をみたいね。

西武ドームはカープファンの方の声援が多かった。選手にも力になったんだと思う。
色々状況は厳しいけれど、ファンが納得できる試合をやり続けて欲しい。天谷 少し調子を上げてきたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5時間18分

5時間18分
5時間18分
5時間18分
広000 310 102 005-12
ロ011 010 040 000-7
勝つには勝ったけど。
何があったか忘れてしまいそう。

9回表、4番栗原へまさかの前田の代打。
これがずばり当たり、あわや逆転3ランになりそうな2塁打。8回裏にひっくり返された試合をまた同点に戻す。
12回裏は川越を攻めて、満塁から天谷のタイムリーに、石井の走者一掃3塁打。だめ押しに石原のスクイズ。

本当は回で5-3で勝利しないといけないんだけど、永川、シュルツ、横山が抜けたリリーフではなぁ
この先に不安も残すけれど、まあ負けなくて良かった。
昨日は勝てる試合を勝てなかったし。プラスマイナスゼロかな。でも上手くやれば2試合とも勝てたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅最寄り駅前で見た風景

自宅最寄り駅前で見た風景
信号無視をする数が、車 人を問わず多いことは何度も書いています。
ルールを守らない人間が多いため当然交通事故の件数が多い地域です。

今日帰宅時に見た光景。30代くらいの母親と小学校2.3年生くらいの親子。
十字の交差点。正面の信号は赤。横切る道路は青。当然横断歩道前方の信号は赤。
前を歩く親子。なんとまぁ母親が率先して信号無視。渡っていきました。
当然のように子供は後をついて渡っていきました。

この地域の人達は、本気で交通事故を減らす気は無いみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンスポより

開幕から、大竹抜け、ルイス抜け。そりゃ苦しいのはわかるが、ファンが納得する采配が少ない。
我慢の限界はこっちも同じ。
ソリアーノにも難はあったが、あそこで代打はないだろ。少なくともオリックスの主力は嫌がっていたのは間違いない。


セ・パ交流戦(広島1−6オリックス、3回戦、オリックス2勝1敗、6日、マツダ)ふがいない投手陣に、広島の野村監督の我慢も限界に達したようだ。先発のソリアーノは2死から投手の木佐貫に2打席連続で四球を与え、いずれも失点につながった。さらに八回から登板した永川勝も乱調。九回の先頭への死球で、たまらず交代を告げた。

 野村監督は試合後、球団関係者に「しゃべることは何もない」とコメントを託し、就任後初めて会見を拒否した。一方的な試合展開に観客もフラストレーションがたまったのか、終盤には「気合を入れろ、カープ」というコールが沸き起こった。(マツダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薄氷を踏む思い

薄氷を踏む思い
薄氷を踏む思い
勝つ試合はこんなのが多いな。
石井琢郎をスタメンにしたのは、監督采配ズバリ!
でも5-4になったあと、流れがソフトバンクになりかけた5回裏の攻撃
梵が出塁。2盗成功。そのあと3盗を許可したベンチはどうなんだろう。
クリーンアップに繋がるし、カウントも悪かった。無理に動く必要がないのに。
嶋四球の間に3盗を企て、あえなく失敗。黙って立っていれば無死1.2塁だったのに、1死1塁に。
続く栗原が併殺で結局3人で攻撃終了。このとき負けを覚悟した。
福岡に流れが行きかけていたところに 失敗すれば福岡に完全に流れが行くような終わり方だった。
今日はそのあとスタルツのがんばりがあり流れが完全に行くことはなかったけれど。
打順 雰囲気をもう少し考えて欲しいと思った。
負けていれば絶対ターニングポイントになっていた場面。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世間知らずのおぼっちゃま

国民が聞く耳を持ってくれなかった なんてよくまあ言えたもんだ。
一国の総理が発する言葉とは思えない。
 しっかりと説明できなかった自分の能力のなさを責任転嫁。
こんなの世の中じゃ通用しないな。
こういうのは内輪でこそこそ話す内容じゃないだろうか。
小学生の子供がままに言い訳しているのと同じレベル。
確かに聞く耳を持ってくれなかったのかもしれない。でも最初のうちは聞いていたはず。
聞いていたからあんなに得票したんじゃないの?
あそれとも まともに聞いていなかったからあんなに得票できたのかな?
自分の能力や言動を棚に上げて「聞く耳を持ってくれなかった」と愚痴を言われてもなぁ。
自分の非を棚に上げて国民を「批判」。舐めているとしか思えない。
本心は「できもしない公約を餌にしたのに、選挙に大勝できるほど国民は愚かだった」だったりして。
さすが!60歳過ぎても毎月多額の小遣いをもらえる人は言うことが違うな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お帰り寛

お帰り寛
お帰り寛
ようやく大竹が帰ってきた。
今シーズン初登板というのもあったのだろうけど、立ち上がりの失点、不安定な序盤。

でも何とか持ちこたえ7回を投げきった。
岸本のポカがなければ、大竹に勝ちがついて、フィオもヒーローだったのに。
9回は東出が自分のミスを盗塁で取り返し、好調な梵がセンターオーバー勝ち越し。
横山が9回裏2死走者無しから、森本に3塁打を浴びて「一打同点」のピンチを迎えるが 何とか逃げ切りぎりぎり糸井をショートゴロに抑え勝利。一つ勝つのは大変だな。

でも大竹にめどが付いた。明日以降体に問題がなければ、これで前田 スタルツ 大竹 とある程度計算できる投手が3人 ようやく そろう。さて借金10 少しずつでも返して、5割になればなぁ。

梵 よく打った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »