« カープがFAに参戦? | トップページ | 来年の楽しみが一つ消えた »

本日現在の個人的感想

今回の個人的感想。
映像を外部に流したという事実は、組織の一員として絶対に許されるものではない。
撮影した映像が「見せるために撮った」ものであったとしても。

内部告発とかいう人がいるが、内部告発とは、内部の不正を外部に知らせること。
今回の保安官がやったことは、内部告発では無い。
政府が映像を公開しなかったことは不正では無いから。
あの映像の中でなにか日本側に不正があり、それを外に出したのなら内部告発だが。

「映像を国民に見てほしかった」という意図は分からないわけではない。
ただ組織の一員としてその気持ちを、実行に移すことは許されてはならない。
ウィキリークス等で米軍の不法行為を流すのとはわけが違う。

判断の是非はともかく、政府が「とりあえず非公開」と決めたことなのだから、国家公務員として
そのことには従わなくては組織の統制がとれなくなる。
映像を流出させた国家公務員を英雄視する風潮があるが、それは間違っている。
流出させることがあの保安官の本来の職務ではないから。そうなる前に政府がやるべきこと誤ったということ。
犯罪かどうかは別として、保安官のやったことは倫理的に許してはいけないことだと思う。

自分の感想は最初から変わっていない。
酔っ払い船は早々に中国に強制送還すべきだった。
それをせず逮捕して船長の起訴まで考えたのであったら、映像を公開し中途半端なことはせず司法の判断にゆだねるべきだった。
全てが中途半端なため、「公開禁止」の映像を、国家公務員自ら「流出」させてしまった。
政府中枢が判断を誤ったために、1や2のことが10や20にまで大きくなった。

たぶん、起訴できないのではないでしょうか。
起訴できたとしても公判の維持は厳しいでしょう。
ただこの保安官がやった事は許されないでしょう。

政治判断を誤った人間は責任をとって辞めるべき。

|

« カープがFAに参戦? | トップページ | 来年の楽しみが一つ消えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日現在の個人的感想:

« カープがFAに参戦? | トップページ | 来年の楽しみが一つ消えた »