« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

来年もポールンがやってくる

ウェザーよりメール
来シーズンはかなりな花粉が飛ぶようですが、
来シーズンも我が家にポールンロボがやってくることになりました。
これで応募を始めてから3年連続。 花粉情報を送信します。


こんばんは。ウェザーニューズ花粉プロジェクトです。
◆当選のお知らせ
おめでとうございます!
アナタがポールンロボの里親として選ばれました。只今、ポールンロボは出発にむけて訓練中。年内から順次旅立ち、遅くとも1月末までには到着する予定でいますので、もうしばらくお待ち下さい。どうか可愛がって下さい。
◆お鼻の軽減に…
また、花粉プロジェクトは全国の医療機関、企業、学校とも協力し、花粉症の皆さんが少しでも楽に過ごせるように様々な取り組みを行う予定です。
参加頂く企業の中で今回は大王製紙(株)さんから「鼻のストレスを軽減したい」という想いでティシューを頂きました。皆様のポールンロボがお持ちしますのでこちらも楽しみに…。
▼ポールンロボ開発日誌
http://wni.jp/?94
大量飛散が予想される花粉に一緒に立ち向かいましょう!

(株)ウェザーニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この人でいいのか名古屋市長

退職届を出しながら、同じ職場に戻ろうとすること自体、庶民感覚とは思えない。
そんな企業は聞いたことがない。進退伺のつもりか?
民主主義 民主主義と言いながら、結局はおかしなことをやろうとしている。
そのことに気づかず踊らされている名古屋市民も多い。いつになれば目を覚ますのだろうか。

土曜日深夜に生放送された、メーテレでの討論番組では、「味方」のはずの元横浜市長中田氏にも
突っ込まれる部分があった。突っ込まれ回答もまともにできていないこともあった
そして都合の悪い質問があると遮ったり、聞こうとしない。こんな人に名古屋市長を続けさせて良いものか。
しかしひとの話を聞かないというのは致命的だと思う。

大阪の知事が名古屋市のことに口を出すのもおかしなことだ。
自分の府のことだけ一所懸命にやればいいのに。

「なんか面白そう」とか「なんか庶民的」「なんか有名人」みたいな感覚での投票傾向が相変わらずあると思う。
それで何度痛い目にあったことか。

選挙目当てでリコール運動をけしかけたり、市長をやめたり、全ての中心は選挙にあるとしか思えない。
この人が市長になり、市も県も自由にできるようになったらどうなるのか。
市議が市長のいいなりになるようではチェックも効かなくなる。

市議の給料が高すぎるとねたむ人がいる。だったらあなたが市議の仕事をしてみればいい。
妬むのは簡単だ。
その一方で公務員の数を減らす事には積極的ではない。横浜市は、地下鉄をワンマン化したり、
市営バスの運営形態と路線を減らし、工夫してコストダウンをした。
そして全体の人件費を下げることに成功している。
市議の報酬を半額にしたところで、その金額は知れている。
敵を作りだすための 議員報酬半額、減税政策なのは間違いない。

市議との対立構図をあえて作りだし議会を悪いものだと決めつけ、裏付けもない「減税策」を叫んでいる。
民主主義と軽く言うが、この人が目指していることが本当の民主主義だろうか?ナチスドイツに似た雰囲気を持つのだが。

もちろんこれまでの市議の態度にも問題があったと思う。その市議にも変化を与えた、市政に対し
市民の目を向けるきっかけを作った。そのことは河村市政の効果ではあると思う。
良かった点と言えばこのくらいだろうか。

でもプラス面よりマイナス面の方が圧倒的に多いと思う。

リコール騒動を、「税金を選挙目的に使った愚策」と指摘され、苦虫をかみつぶしたような市長の表情がすべてを物語っていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあこれは?

さあこれは?
さあこれはなんでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずらし連休棚上げ?

かえって休めない!…観光庁、休暇分散化を撤回
読売新聞 12月16日(木)12時43分配信
 観光庁は16日、春と秋に全国5地域で時期をずらして2回の大型連休を定めると
していた「休暇分散化」案を撤回し、内容を見直す方針を固めた。
 同日開いた第2回休暇改革国民会議で、「全国に取引先のある企業は、分散化でかえって休めなくなる」などの反対意見が相次いだ。このため、昨年のシルバーウイークのような秋の大型連休をつくることを柱に、制度を再検討する方向だ。
 三村明夫座長(新日本製鉄会長)は会議後、記者団に対し、「反対論も大きく、当初の原案通りに進めるのは難しい」として、5地域での分散化に否定的な見方を示した。
 来年3月の次回会議までに、観光庁が新しい案を提示する。5地域での分散は撤回し、それより少ない地域か、別の分散案を模索する見通しだ。
----------
馬鹿だ。発表する前にしっかりと、メリットデメリットを考えるべきでしょ。
もしかしたら観測気球のつもりだったのかな。
全ての企業が、地域の中で完結し、他の場所と繋がりを一切持たないのであれば可能だけれど。
案のような中途半端なことを言い出せば、大ブーイングになるのは当たり前。

観光で景気浮揚させたいのなら簡単。公休、有給の完全消化を罰則付きで義務化すればいい。当然残業代は完全払い。
まあ経済界の反対があって、おいそれとやれないのは分かっているけれど。そのくらい思いきったことをしないと
この手の閉塞感は打破できないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日没を眺めながら

日没を眺めながら
日没を眺めながら
バルコニーから夕陽を眺めていた10分間での出来事。
下の道路は片道1車線。10分ほどの間に右折レーンを直進走行する車を2台見ました。

1台は前を走る車が左折するのを待ちきれず、右折レーンに入り追い越していきました。


もう一台の方は、直進レーンは赤信号で止まる車が3台停車中。
その後を走っていた車が右折レーンへ結構なスピードで入っていきました。
「ああ 赤なのに無理に右へ曲がるのか」と思って見ていたら、
その車は停車している3台を、右折レーンで追い越しそのまま直進方向へ走り去っていきました。

まあこっちに来て見慣れたシーンではありますが。いやはや何ともまあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »