« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

素直に野村を褒める

素直に野村を褒める
今日はいくつかのターニングポイントがあった。

ヤクルト青木がついていなかったのもあるけれど
大きかったのは8回表の攻撃。2点差で1死満塁のチャンスを得た。

ピンチを作った松岡の所にたまらずにヤクルト荒木コーチが駆け寄る。
次の打者は倉。神前田はベンチの中。

荒木コーチがベンチに戻るのを見届けてから、野村監督は代打神前田を告げた。
ヤクルトはもう前田が完了するまで投手交代はできない。
解説の平松は「前田の所で久古を行っとくべきでしたね」だと。
荒木がベンチに戻った時点でもう久古の登板はできなかったのに。

平松 もっとルールの勉強をしろ。


松岡は代打前田にびっくりした様子だった。
結果は前田の2点2塁打で4−1。ここで勝負あった。
あとはカープのやりたい放題で10−2で勝利。

ヤクルトも3.5ゲーム差の位置へ。まだまだ今年のカープは終わりそうにもない。

今日は素直に野村監督の作戦を褒めます。あっぱれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまらない

たまらない
たまらない
たまらない
つかれました

10回表裏

中東よく走った

栗原よく打った

バリントン 悪いながらさすが

サファテ 重馬場 お疲れ様

豊田 初勝利おめでとう


さあヤクルト飲み干してしまおう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行政処分をくらってた

いまのマンションに越してすぐにあらわれた湊設備。
茨城県で行政処分で業務停止命令を受けていた。

内容を読むと、うちに来た時と全く同じ。


特定商取引法違反の訪問販売事業者に対する
行政処分(業務停止命令6ヶ月)について
本日,県は,主として磁気活水器・浄水器の販売等を行っている訪問販売事業者「株
式会社湊設備」(本社:東京都台東区上野六丁目6番1号)に対し,特定商取引に関
する法律(昭和51年法律第57号。以下「法」という。)の違反行為である販売目
的不明示(法第3条違反),不実告知(法第6条第1項違反)の違反行為を認定した
ため,法第8条の規定に基づき,業務について停止するよう命令する行政処分をし
た。
なお,本案については,茨城県と埼玉県が初めて連携し,合同で調査を行い,同時
に行政処分を行ったものである。
株式会社湊設備に対する行政処分(業務停止命令6ヶ月)の概要
1 事業者の概要
(1)名称:株式会社湊設備
(2)代表者:代表取締役植竹完治(うえたけかんじ)
(3)本店所在地:東京都台東区上野六丁目6番1号舶来堂ビル6階
(4)事業開始:平成15年7月
(5)資本金:1000万円
(6)取引形態:訪問販売
(7)主な事業:磁気活水器・浄水器の販売など
(8)売上高:約4億円(平成20年4月〜平成21年3月)
(9)従業員数:役員2名社員32名
2 取引の概要
株式会社湊設備(以下「同社」という。)は,東京都台東区上野六丁目6番1号舶
来堂ビル6階に本店を置き,訪問販売の方法により,磁気活水器・浄水器の販売等を
行っていた。
同社は,主として,消費者の住居を突然訪問し,「給湯器の点検方法の説明に来ま
した。」などと告げた後,磁気活水器等を取り付けることにより給湯器が長持ちする
などと説明され,磁気活水器等の販売契約を締結させていた。
※磁気活水器の商品名:「アクシアム」「アールイオンウェル」
3 同社に係る県内消費生活センターへの相談件数
[平成18年5月〜平成21年4月](単位:件数)
H18 H19 H20 H21 計
2 0 4 2 8
※契約当事者:平均年齢41歳(33歳〜53歳)
- 2 -
4 違反事実の概要
(1)販売目的不明示(法第3条違反)
訪問販売しようとするとき,その勧誘に先立って,「給湯器の点検方法の説明に
きました。」などと告げ,商品の売買契約等の締結について勧誘する目的である旨
及び当該勧誘に係る商品の種類を明らかにしていない。
(2)商品の効能についての不実告知(法第6条第1項第1号違反)
合理的な根拠がないにもかかわらず,磁気活水器を取り付けることにより,「給
湯器の定期的な点検清掃が必要なくなります。」「水道管にさびがつかなくなりま
す。」「通常15年位と言われている水道管の寿命が,約4倍の60年に延長され,
エコキュートなどの設備の寿命が延びる。」などと,商品の効能について,不実の
ことを告げている。
(3)販売価格についての不実告知(法第6条第1項第2号違反)
商品の契約の締結について勧誘する際に,「今付けると工事代がタダになりま
す。」「今日契約いただければ,別な部屋の工事で来ていますので,本体価格のみ
で購入できます。」などという説明をしているが,実際には,大多数の契約におい
て工事代金は本体価格に含まれており,商品の販売価格について不実のことを告げ
ている。
5 行政処分の内容
特定商取引法に基づ業務停止命令
平成21年11月18日から平成22年5月17日までの6ヶ月間,訪問販売に係る
次の業務を停止すること。
(1)売買契約又は役務提供契約の締結について勧誘すること。
(2)売買契約又は役務提供契約の申込みを受けること。
(3)売買契約又は役務提供契約を締結すること。
その他
同社と契約をした消費者からの相談窓口
茨城県消費生活センター電話029−225−6445

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連敗した原因は

連敗した原因は、長野への今村。

土曜日の試合、2死3塁で長野を迎える。このあとの代打や長野と今村のことを考えれば
敬遠が定石。ベンチからどんな指示が出ていたのか知らないが
外角を狙った2球目がシュート回転し真ん中へ。
長野が見逃すはずもなく決勝点を献上した。

長野の調子や続く代打のことを考えれば絶対に敬遠するところ。そんな勝負の場面で打たれて負けた。

そして日曜日。
延長10回 今村が出てきて2者は抑えるが、3人目の長野に内野安打を打たれる。
1死1塁 足の速い長野。打者は安全パイと思われる寺内に四球を出す。

長野に盗塁をされたくないので、執拗に気にしていた。
寺内と勝負せず、走者の長野、そして次の坂本と勝負してしまった。寺内ならインコースに速球を
投げ込めば討ち取れただろう。しかし1球も投げずに結局ボールの変化球を見極められた。

もうここで勝負あった。ベンチからマウンドにコーチが行ったのは四球を出したあと。

行くなら四球を出す前だろ!!

坂本には簡単にセンターの頭を越された。

結局土曜日の長野との勝負は完全に裏目に出ている。
誰がなんと言おうと土曜日の長野は敬遠するべきだった。勝負なんて正気の沙汰ではない。

ベンチは本当にプロ野球経験者なのか?素人でも分かるようなボケ采配をいつまで続けるのか。
折角のチャンスを逃すのはもったいない。

今の戦力でよくやっているとか言うのはシーズンが終わってから言えばいいこと。


今村は高卒2年目。実質ルーキーのようなもの。もっと結果を出させて自信を持たせる時期。
危ない橋を渡らせる経験を積ませるにはまだ早い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君子

君子危うきに近づかず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常に上を目指す

CARPの話。

大竹、永川、横山、梵、廣瀬その他 主力を張っていた選手が軒並み離脱している。
その中でいまだにクライマックスの可能性を大きく残しているのは、よくやっていると言えると思う。
しかしそこで満足してしまったらクライマックスにはいけない。
そのためには今まで通りに、良い采配は褒め称え、そうではない采配についてはこれまで以上に厳しく物を言いたい。
折角ここまで来ているのだから、それをとぼけた采配で無駄にするのはもったいない。

単なるファンなんだから首脳陣のやることを批判するな という「頭の中花畑」な批評はあり得ない。
現状に満足していたら成長はしない。真剣に応援するからこそ、もっと良くなって欲しい、もう少しやりようがあるはず と考えるのがファンの役目だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんだけ花畑

中日3連戦。結局一つも勝てなかった。
それも表ローテの3人を立てて。

mixiのカープコミュを覗いているが、「頭の中花畑」が多すぎる。

どれだけ野球素人なんだろう。呆れて物も言えない。
まあライトなカープファンなんだろうけれど。
40年近くカープの試合を見ている者としては、あの「花畑思想」がカープを弱くしたんだろうな。と思う。

ブラウン采配を公然と批判していた野村に期待していたが相変わらず謎采配で勝ちきれない。


引き分けて良かったとか アホか。首位でもないのに引き分けで良いわけがない。「エース」をたてたのに。

本当 アホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神に3連勝したけれど

阪神に3連勝したけれど
けれど
今日の試合は相手がカープより酷かったから勝てただけ。
ジオのボークや赤松の「大暴走」はきっちり叱って次に繰り返さないようにしないと。


赤松の大暴走は結果的に鳥谷の送球が背中に当たり、同点 そして逆転に繋がったが
送球が普通に新丼に届けば一瞬にして同点のチャンスが消えるところだった。

スカイAは鳥谷のボーンヘッドを隠すために、必死になって赤松の判断の速さを褒めていたが
それは違う。赤松のプレーは完全に大暴走。クライマックス、日本シリーズ進出を目指すなら
赤松のプレーは強く注意をすべき。

いい加減ビジターチームのヒーローインタビューも放送すれば?
いまどきビジターチーム黙殺なんて有り得ない。
器が小さ過ぎ。スカイA。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釈然としない

送り火、被災地の木を使って行うことになったとのこと。
なんだろう。この酷い対応。
「使わない!」と言ったら世間がどう反応するか。こんな簡単な事すら想像できなかったのか。
最初使う予定だった薪用の木は昨日被災地で燃やしたのに。

被災地に対する嫌がらせ?「使ってやるからまた用意してくれ」とでもいうのでしょうか。

結局大して考えもせず「なんだかよくわからないけど、被災地の薪を使うのは止めよう」と発表したら「想像以上」に世間からバッシングされたから、あわてて使うと決めたのか?

責任者は陸前高田に出向いて土下座でもしないとね。


でもすっきりしない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »