« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

岡山選手

アウエー岐阜戦以来の生観戦。
試合前、岡山選手がゴール裏だけではなく、メインスタンドアウエー側に座っていた我々にも鼓舞。
勝利に向けてともに闘おうと声をかけてきました。

試合が始まったあとも岡山選手は先頭に立ってベンチから声を上げていました。

ハーフタイムに入るとき、ハーフタイムを終えてピッチに選手が戻ってくるときも
岡山選手は一人一人に近寄り肩を抱いたり、握手をしながら士気を高めていました。

昇格できるかどうかは分かりませんが、こういう風に雰囲気を盛り上げるというのは
非常に大きな役割だと思います。こういう選手がいるから、「岡山は昇格請負選手」なんて言われるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本城到着

本城到着
本城到着
風が強い 突然の雨があるかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肯定するだけがファンなのか

クライマックスに参加できるかどうか、残り試合が40ゲームを切った。
もうのるかそるか、ギリギリのところだと思う。3位集団はすぐ目の前じゃないかと言う人もあるけれど、
カープは今5位。3チームでクライマックス争いをするのだから、そこに入るためには2チームを
追い抜かなくてはならない。これは楽な事では無い。もう3ゲーム差位がギリギリのところ。
1991年に優勝してから、20年。この間に負け犬根性が染みついてしまったようだ。

FA制度が始まり、資金的に弱みを持つチームが優勝やクライマックス争いに参加できるチャンスはそれほどない。
今年はいろんな条件が重なり、今までにないチャンスが訪れている。
来年も同じルールが適用されるかどうかは分からない。チャンスがある時に鞭を入れるべき。

何かを争っている時、無理をしていないチームはその争いから脱落する。みなギリギリのところで闘っているのだから。
「来年を目指して」なんていうのは数字上不可能になってから考えればいいこと。

貧乏なチームが確かによくやっていると思う。でもそれで満足してしまったら向上はしない。
折角チャンスがあるのだから、監督コーチを筆頭に勝ちへのこだわりを見せてほしい。
きわどい判定には厳しく抗議に行け。ホームランを放った4番打者が、次の打席で死球を浴びたら
相手バッテリーに怒鳴りこむぐらいの監督やコーチになれ。
どうも監督やコーチが真剣にクライマックスを目指しているようには見えない。

巨人に3連敗したら終わってしまうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民間の気象会社

民間の気象会社にクレームを出しました。

その全文です。


良識を疑います。
台風12号が原因での集中豪雨でどれだけの人が命を落としたと思っているのでしょうか?

台風の置き土産 なんておめでたい題目で、虹の写真特集なんてふざけていると思いませんか?
三重県や奈良県、和歌山県で被害を受けた人が見たらどう思うでしょうか?

東海テレビのセシウム米と大して変わらないくらい、酷いことだと思いますが。

ここまで

先程そのページをみたら
台風の置き土産から虹ラッシュに変わっていましたがそもそも台風の副産物で発生した虹を楽しげに特集する感覚とそれを許す企業風土が信じられない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎度毎度繰り返される

なぜ台風が来ているというのにサーフィン?
種子島でサーファーが行方不明とか。
サーフィンする人は天気予報を見ないのか?

我が家の窓から見える景色。
家を建てているようです。スケジュールが厳しいのかどうか知らないけれど
時々体が煽られるくらいの突風が吹いており暴風警報が出ているのに、家の建築現場で作業をしている人がいる。

なにも起きなきゃいいけど。きっと自分だけは大丈夫 とか思っているんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »