« 民間の気象会社 | トップページ | 本城到着 »

肯定するだけがファンなのか

クライマックスに参加できるかどうか、残り試合が40ゲームを切った。
もうのるかそるか、ギリギリのところだと思う。3位集団はすぐ目の前じゃないかと言う人もあるけれど、
カープは今5位。3チームでクライマックス争いをするのだから、そこに入るためには2チームを
追い抜かなくてはならない。これは楽な事では無い。もう3ゲーム差位がギリギリのところ。
1991年に優勝してから、20年。この間に負け犬根性が染みついてしまったようだ。

FA制度が始まり、資金的に弱みを持つチームが優勝やクライマックス争いに参加できるチャンスはそれほどない。
今年はいろんな条件が重なり、今までにないチャンスが訪れている。
来年も同じルールが適用されるかどうかは分からない。チャンスがある時に鞭を入れるべき。

何かを争っている時、無理をしていないチームはその争いから脱落する。みなギリギリのところで闘っているのだから。
「来年を目指して」なんていうのは数字上不可能になってから考えればいいこと。

貧乏なチームが確かによくやっていると思う。でもそれで満足してしまったら向上はしない。
折角チャンスがあるのだから、監督コーチを筆頭に勝ちへのこだわりを見せてほしい。
きわどい判定には厳しく抗議に行け。ホームランを放った4番打者が、次の打席で死球を浴びたら
相手バッテリーに怒鳴りこむぐらいの監督やコーチになれ。
どうも監督やコーチが真剣にクライマックスを目指しているようには見えない。

巨人に3連敗したら終わってしまうぞ!

|

« 民間の気象会社 | トップページ | 本城到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肯定するだけがファンなのか:

« 民間の気象会社 | トップページ | 本城到着 »