« 4回目のJ1昇格 | トップページ | 荷物を運ぶ側として。 »

違いはどこにあるのだろうか鯉と梟

土曜日に苦労の末コンサドーレがJ2 3位を勝ち取った。
12日のJリーグ理事会で正式にJ1入りが決まる予定。
試合が終わった瞬間に涙がこぼれた。
カープは1991年以降優勝が無い。カープがリーグ優勝や日本一になった時に泣くだろうか?
喜びの度合いは同じだけれど、たぶん泣かないと思う。スポーツ新聞や優勝記念グッズなどを買うかもしれないが
たぶん泣くことはないと思う。
コンサドーレがJ1昇格の権利を得ただけでなぜ泣くのだろうか
カープとはもう35年程度のつきあい。札幌はまだ1998年から観戦を始めたばかり。
まだ13年。(はやいなもう13年か)
付き合いの長さは比べるまでもないのに。
たぶんチームや選手との距離感が違うのだと思う。35年を超えそうなカープより13年のコンサドーレの方が圧倒的に距離感が近い。
コンサドーレの観戦ならたとえアウエーでも北九州や鳥取、愛媛にも行くが、カープだとホームしか行かない。
個人的な感触だけど、プロ野球とプロサッカーを並べた時に、自分との距離感が圧倒的に違うのだと思う。
コンサドーレだとなぜか自分の身内の事のように、喜んだり怒ったり泣いたりできる。
カープだったら喜んだり怒ったりできるけど、たぶん泣けはしないと思う。

コンサドーレに対し配当なんて期待できないのに5万円も出資できてしまった。(1万円に減資されてしまったが)

来年、厳しい戦いが続くのは容易に想像がつくけれど、先を越されてしまった新潟のようにはやくJ1定着をしたいものです。


一生コンサドーレします!

|

« 4回目のJ1昇格 | トップページ | 荷物を運ぶ側として。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 違いはどこにあるのだろうか鯉と梟:

« 4回目のJ1昇格 | トップページ | 荷物を運ぶ側として。 »