« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

政治家秘書にはなりたくない

その辺の企業の無責任な上司の言葉じゃあるまいし。
一国をの行く末を決めかねない立場にある国会議員が
いつまで経っても「知らぬ存ぜぬ 全部秘書が一存でやったこと」
と言うのを許していいのだろうか?
その辺の一般人と同じような扱いにしていいのだろうかと思う。
知らぬ責任、管理していなかった責任を問えるように
法律を変えてもいいのではないだろうか。

世の中には「部下が勝手にやったことだ。俺は知らん」と逃げ切る嫌な上役もいるだろうけれど
「部下がやったことは自分の責任だ」と責任をとる人もいる。
国会議員と言うのは特別な存在なのだから
秘書のやったことの責任も、知ってたとか知らなかったとか関係なく
「監督責任」取らせることができるように制度を変えられないだろうか。

4億円の出所がのらりくらりとかわされうやむやになってしまうのではないかと。

こういう所から変えてくれないと、増税云々と言われて素直に納得できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »