« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

長い長い1年

プロ野球が開幕した。
オープン戦が始まった時から、なにかこう気分が高揚するものがない。
「大して戦力補強されていないし、今年も期待できないな」そんな気分。
と書いているうちに前田健太はだめだし。

なんかあの監督だと、気分が高揚しない。監督のせいなのかどうかわからないけれど。

長い長いシーズンが始まった。

この盛り上がらない気分を裏切ってほしいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書き直し

誤字訂正

法的に問題無いとかいって開き直り
先頭切って悪だくみをする。
その企業風土は本当に変わらないね。

法律的な問題と倫理的、道義的な問題は別の事。
目標とか目安だから破っていいと開き直れる。さすが!
破ってもいい目安なら最初から設ける必要はないんだし。
「子どもの夢」とかなんとか言ってるプロ野球が隙間を突くように「ずるい」やり方を正当化しようとしている。
昨年の節電の時もそうだけど、辟易読売。
夢を語るな。読売。
社会のずるさを学ぶことも必要だが、「夢を売る」とか自ら言ってる人たちがこんなことすべきじゃない。

小遣いもらった選手
所得税大丈夫だったのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり糞球団

法的に問題無いとかいって開き直り先頭切って悪だくみをする。
その企業風土は本当に変わらないね。

法律的な問題と倫理的、同義的な問題は別の事。
目標とか目安だから破っていいと開き直れる。さすが!
破ってもいい目安なら最初から設ける必要はないんだし。
「子どもの夢」とかなんとか言ってるプロ野球が
隙間を突くように「ずるい」やり方を正当化しようとしている。
昨年の節電の時もそうだけど、辟易読売。
夢を語るな。読売。
社会のずるさを学ぶことも必要だが、「夢を売る」とか自ら言ってる人たちがこんなことすべきじゃない。


野間口とか所得税大丈夫?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだか今頃

「どうせ裏金渡してるよ」ってまことしやかにずっと言われていましたね。
特にそれまで入団有力とされていた選手が、ころっと虚塵に入団すると。
二岡や高橋由伸なんていい例。いまさら驚かないわけですが。

というかこれはどうしようもない。分割で払おうがなにしようが、
契約の自由が法律で保障されており、親会社が球団に幾らでもあの手この手でカネをつぎ込める以上、
親会社を含め経済力の強いチームはなんだってできる。

入場料やグッズ販売等、純粋な事業活動での収入しか認めないとか、経営状態をNPBに対して
ガラス張りにするとか そういう覚悟が無いのならすべて有力球団の意のままになります。

契約金や1年目の年俸を「申し合わせ」で縛ったって、その年以降の年俸は幾らでも
上乗せできるんだから。今のままでは何も変えられないだろうし変わらないでしょう。

メジャーみたいに贅沢税とかやる気は全くないんだろうな。
全体で球界を盛り上げよう という気概はあのチームには無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おお

おおお
コンサドーレのトップチームから同時に4人も「日本代表」トレーニングキャンプに呼ばれた!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく手元に

ようやく手元に
地元本屋に無かったので取り寄せようやく手元に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »