« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

試しにやるならよいけど

色々試すのはすごくいいことだけど、不公平じゃない?
普段から湯水のごとく電気を使っていた人が使用料を削減するのは簡単だけど
原発事故以前から、電気の使い方に気を使っていた人は対象になりにくい。

こういうことをやるなら、もっときめ細かにやらないと逆差別になりかねない。


大阪府の松井一郎知事は28日、電力使用抑制に協力した家庭に抽選で景品を贈るなど、今夏に実施する節電策の概要を発表した。大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)が再稼働しないことを前提にした内容で、30日に鳥取県で開かれる
関西広域連合委員会に提案し、関西全体で足並みをそろえるよう呼びかけるという。

 府が「節電トライアル宝くじ」と名付ける節電策は、関西電力が把握している各家庭の電気使用量のデータを基に、前年同期比15%以上削減した家庭を対象に行う。
景品は企業から協賛を募る。また、冷房の利いた集客施設を「クールスポット」と
して紹介し、外出を促すことで家庭での節電に役立ててもらう取り組みも実施。博物館などの入場料を割り引いたり、イベントを開催したりし、民間の映画館やショッピングセンターにも割引などを要請する。

 このほか、松井知事は、大阪独自の新たなエネルギー産業の振興に向けた事業・企画のアイデアも広く募集する意向を表明。その一環として、泉大津市沖の埋め立て地に出力1万8000キロ・ワットのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を誘致する考えを明らかにした。

(2012年5月29日 読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お上りさん

お上りさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呆れてものが言えない

一部マスコミによる 「夜行バスは危険だネガティブキャンペーン」が始まりました。
毎度毎度マスコミの方 大変ですね。
やるならこんなことが起きる前に大々的にやればいいのに。
事が起きてからキャンペーンをするのは誰にだってできる。

そんなネガティブキャンペーンをする前に今回の事故が、後先考えない「規制緩和」が源であり
今後こういう悲しいことが起きないためにはどうすればいいか。
そういう論調にできないんだろうか。
ネガティブキャンペーンを行い、事故そのものしか見ることをしない。
こんなんじゃ事故の本質なんて見えてこないと思う。

この世の中、絶対に安全な場所なんてないんだからネガティブキャンペーンをしたってなぁ。と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »