« 2013年4月 | トップページ

フェアプレーとは

Jリーグを真剣に見始めてもう16-7年になる。
それまでサッカーは大嫌いだった。それは相手と接触し倒れた選手が
それほど痛くもないくせにオーバーに痛がり、ピッチの外に出ると
一瞬で元気になり、すぐにピッチに戻ってくるから。

Jリーグではフェアプレー旗に毎試合前選手がサインをする。
その旗を先頭にして選手が入場する。
フェアプレーをします という誓いのサインをした旗を持って。

それにもかかわらずいまだに ファールをもらうために審判の目を欺こうとする
「汚いプレー」がなくならない。フェアプレーすると誓っているのに。

先日の水戸-札幌でもそんな「汚いプレー」があった。
ハーフライン当たりで。
札幌の2M近い長身選手と接触した水戸の選手が
札幌の選手の手が肩に当たったにもかかわらず
顔を抑えてぶっ倒れのたうちまわった。

札幌の選手はレッドカードが提示され退場。確認した?倒された選手は
それまでのたうち回っていたのに、何事もなかったかのように立ち上がった。

なんとこの直後水戸のキーパーがわざわざ遠征してきて、札幌の選手を煽るような行動に出た。
すでにレッドカードが出て退場を指示された選手に対して。

30半ばを超えたベテランキーパーが、それは大人げないみっともない煽り顔で。
人として恥ずかしくないのかと思った。
試合前にフェアプレー旗にサインをした選手が、退場を命じられた選手をわざわざ煽りに来る。
この人にはフェアプレーの欠片もないんだろうな。
夏休みで子供も多く見に来ている試合で。この水戸のキーパーにはその時の自分が
どれほど恥ずかしい顔をしていたか見直してほしい。本当にみっともないから。
30半ばを超えたベテラン選手がやる行為じゃない。

札幌の選手にはこんなみっともないことはしてほしくないと強く思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海底駅いくなら今!

青函トンネルにある世界初の海底駅「竜飛海底駅」と「吉岡海底駅」が廃止
の方向で検討されていることが、2013年8月2日までにわかった。

2駅は非常時の旅客待避所や保線基地などの目的で設置された駅で、一般旅
客の利用はできず、あらかじめ見学整理券を購入した人のみ利用できる。

JR北海道によると、15年度末の北海道新幹線の開業に向けての工事のた
め、吉岡海底駅は06年8月から見学を休止。竜飛海底駅も13年11月10日で見学
を終了する。青函トンネルを走る津軽海峡線終点の地上駅・知内駅とあわせ、
廃止の方向で検討しているという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ